今年を振り返って&少し早目の新年あいさつ

みなさま、今年も残すところあと1時間程度となりました。
今年は激動の年でした。皆様はどうでしたでしょうか。

まずは春先の市長選挙。
法定協議会が維新以外の他会派の議論のための議論で前に進まず、デッドロック状態になったため、協定書案の作成を進めるべく市民の皆様の信を問うた選挙。
他会派は、6億円の選挙費用がムダであると主張して対立候補もたてず、市民の皆様に選択肢を示すことすらしませんでした。そのあとの12月に行われた解散総選挙は600億円でしたね。この時、他会派は、誰一人、選挙費用は無駄と主張しませんでした。

春の選挙を経て、都構想の協定書を推し進め、9月には、法的に問題ないとの総務省のお墨付きをもらいました。
協定書案の完成です。

これを平行して、維新では、都構想になって、どのような大阪像を目指すのか、大阪都とそれぞれの特別区で将来像のマニフェストを作成しました。
これに対して、他会派は、財源根拠のない夢物語との主張。では、他会派は、どのような大阪の将来像を目指すのか示すことはありませんでした。

秋の議会では、他会派の多数決により、協定書がいったん否決されました。
維新の改革案件に対しては、すべて否決。
維新に大きな実績を作らせては春の統一選で厳しくなるので、このまま春の統一選で維新を叩き潰そうとの策略。
そのまま春の統一選に行くかと思いきや、政治とは面白いもので、いきなりの解散総選挙。
市長、知事は、公明の選挙区に候補者をたてることなく、大阪で第1党の支持を得ました。

そして、私自身の立候補。
それまで、大阪維新の会市会議員団の政調会長として、また、市長が本部長を務める都構想推進本部の戦略室長として、内部の下支え、企画、立案、実行の役割を担いました。戦略ですのでおおっぴろげにはできない仕事が多いのですが、情報発信が少ないと怒られることが多いので少し反省です。

僕自身、大阪の改革を国に広げていく改革、都構想を実現し、また、実現した後の法整備や潤滑な運営も見越して、大阪維新マターとして立候補しました。
選挙戦では、マニフェストにある身を切る改革、実のある改革を訴えるとともに、大阪の成長、日本の将来像として都構想も主張しました。
東京1極集中主義、東京からの地方へのバラマキではなく、都市が自らの形にあった成長像を作り、都市が自分の足で立ち、成長し、日本を引っ張る、都市が国を引っ張る国家の将来像が必要です。
道州制や都市の多極化など大きなことを口で言うのは簡単ですが、都構想一つとっても壮絶な権力闘争を経ないと実現しません。
まずは、大阪、大阪都です。突破口です。
ただ、選挙戦では、都構想を主張する候補者はおらず、記者や他の候補者からは、地方の課題であって、国政課題じゃないでしょ、なに言ってんの、馬鹿じゃないの、と言われました。
でも、僕は、日本の将来像として、都構想が必要で、国政課題の一つであると認識しているので、馬鹿にされつつも、訴え続けました。
結果、選挙区では敗退。僕の力不足です。
ただ、北区以外では無名の新人で準備もままならない中の選挙戦、しかも逆風の中、7万4101票のご支持を頂き、比例復活。
僕の選挙区では、自民(公明)、民主、共産の方が立候補されていたので、この票は純粋は維新支持票です。
やはり、維新が行ってきた大阪の改革、都構想は間違っていないと実感しました。
加えて、選挙戦で僕はバカみたいに都構想を主張しましたので、胸を張って、今後も都構想は国政課題である、国政の場からできることを推進すると言い続ける土台を頂きました。

初登院を終え、昨日30日には法定協再開。
僕はそれまで法定協メンバーでしたが、国政に出たので、傍聴席からの参加。
今回の大阪全体での選挙結果を経て、公明党さんが、都構想の内容に関する意見はおくとしても、住民投票で賛否を決すべきとのご意見にかわりました。やはり、民意の力は、大きい。個々の政治家、政治団体の上をいきます。
そして、報道によれば、来年5月に都構想の賛否を問う住民投票が行われる予定です。

この一年振り返って、やはり、激動の年でした。

皆様にとって、来年がよい年になりますよう祈念いたします。
本年、お世話になり、ありがとうございました。
今年もあと1時間ですので、併せて、少し早目の、新年あいさつ。
しっかり頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

それと、最後に、このHPですが、衆議院用にリニューアル中です。業者との打合せ等やっていますが、1月中にはリニューアルする予定です。フェイスブックや、ツイッターとも連動させて、広報活動も充実させていきたいと思っています。

 


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

エントリー

過去の日記

リンク集

プロフィール

書いた記事数:33 最後に更新した日:2015/01/14

サイト内検索

その他

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM